スタンプラリーは観光ツールとして捉えられがちですが、
モバイルスタンプラリーであれば次のような使い方も可能です。
いろいろな使い方にチャレンジしてみてください。

メモツールとして

  • お店マップ:いつか行ってみたい飲食店などをマッピングしておきましょう。自分だけのスタンプラリーが楽しめます。
  • ToDoリスト:GPSの範囲を広くしておけば、ToDoリストや買い物リストとして使うこともできます。
  • 営業ルート/配送ルート:営業ルートや配送ルートを事前に登録することで、もれなく訪問することができます。
  • 回覧板に:地域や社内の文書回覧にお使いいただけます。

イベント/エンターテイメントに

  • 交流会:名札などにQRコードをプリントして、お互いに撮影してみませんか。より深いコミュニケーションが可能です。
  • 街コン:場所だけではなく、参加者にもスポットを設定できると楽しそうです。
  • オープンキャンパス:本当に見て欲しい場所は学校側がおしえてあげましょう。地図や案内人が不要になります。
  • ミステリーイベント:詳細な場所を地図に表示させず、場所のヒントを掲載します。QRコードを隠して設置するのもアリです。
  • きもだめし:狭い範囲でのイベントもQRコードであれば問題なく対応可能です。
  • かくれんぼ/鬼ごっこ:参加者に自分用のQRコードを持ってもらうことで、かくれんぼや鬼ごっこにも使えます。

解析ツールとして

  • 効率的なルートの解析:スタートとゴールだけ固定しておけば、利用者の移動履歴からもっとも効率的なルートを解析することが出来ます。

地域の福祉/環境対策に

  • 夜回り:地域の夜回り活動などにもご活用ください。
  • 地域内弱者のサポート:独居老人や保護者が不在がちの家庭の見回りにも役立ちます。
  • 出欠確認:授業やイベントの出欠確認にも使うことができます。
  • 節電:公共施設やショッピングモールに集まれば、家庭での電気消費量を抑えることが出来、節電にも有効です。
  • ゴミ拾い:ゴミ拾いにゲーム要素を加えることができます。


回答が見つかりましたか?