スタンプラリーを共有する基本的な方法については以下のページをご覧ください。

スタンプラリーを共有する

 

基本的な考え方


スタンプラリーは地域のイベントとして開催されることが多いようです。
そのため、スマートフォンを使ったスタンプラリーですが、
認知度を上げるための一番の施策はちらしやポスターであることも多いです。

 

告知期間について


多くのイベントが1ヶ月以上の告知期間を設けているようです。
たとえば3ヶ月にわたる長期のスタンプラリーであっても、
実際に利用者が増えてくるのは2ヶ月目からであることが多く、
早めの告知が有効であることがわかります。

特に1日間や2日間のみのスタンプラリーでは、
十分な告知期間を設けて認知度を高めましょう。

 

SNSを使ったシェア


地域のイベントだとしても、外部からの参加者を募りたい場合はSNSを使うのが効果的です。
Facebook、TwitterなどにURLやQRコードを掲載して、多くの人に知ってもらいましょう。

 

ランディングページをつくる


Webサイトでの告知も効果的です。
すでにWebサイトがある場合はそのなかで紹介しましょう。
またいわゆるランディングページ(インターネット広告のリンク先となるページ)を作るのも有効です。
スタンプラリー単体よりもより多くの写真や情報を掲載できますので、参加者の興味も集めやすいです。
よいランディングページが出来たら、インターネット広告を利用するのもよいでしょう。



回答が見つかりましたか?